外国人研修生・技能実習生の人権を守るために闘う弁護士が集う、全国で唯一のネットワークです。


by benren

研修生が労働者であることを認める,“全国で初めての判決”  

◆三重県四日市市
技能実習生が仕事をボイコットしたことを理由に,会社から2700万円の損害賠償を起こされていた事案。技能実習生らは,研修生時代の残業代等を求めて,反訴していた。
会社の損害賠償請求は,全部棄却され,研修生時代の残業代,付加金は,請求額満額が認められた。
研修生が労働基準法,最低賃金法上の労働者にあたることを正面から認めた,全国初の裁判例となった。

[PR]
by benren | 2009-03-18 00:00 | 事例紹介